婚活ではメールのやり取りも成功を左右するファクターのひとつです。

いただいたメールに対する返信で気を付けたいことや、お相手からの返信が遅い時など、今回はメールの返信に関して、婚活体験者の方に聞いてみました。
 
婚活のコツ
 

婚活でのメールの返事

婚活中のメールの返事は最低限のマナーとして誤字、脱字は避けておきたいですね。
必ず一度書き終えた後、全文を一読してみることをおすすめします。

誤字脱字が毎回多ければ、注意散漫、丁寧さがない、など大人としてマイナスなイメージがつきかねないでしょう。

メールの際の返事をするタイミングはご自分の生活スタイルに合ったタイミングでの返信で良いのではないでしょうか。

お相手からのメールには直ぐに返信しなければ、などと思うと出来なかった時にそのことが気になったり、と徐々に色んな面で婚活にストレスを感じてくる危険も考えられるでしょう。

お相手のペースに合わせていなくても楽しく会話が成立するかしないか、ということもお相手との相性の一つではないでしょうか。

あなたがご自分から送るメールには質問はあっても返事を催促しない内容にする事も大切でしょう。お相手に負担をかけない、見えない気遣いも大切なポイントでしょう。

婚活中で親しくなって頻繁にメールをやり取りしているお相手がいて、あなたが忙しい場合は前もって「今こういう状況でメールをするタイミングが遅くなる事があるかもしれません。」と伝えてあげるとお相手も安心されるのではないでしょうか。

私も遠距離での付き合いだった主人とはお互いに返事が出来る時には報・連・相は大事にしていました。

自分がされて嫌な事はしない、お相手に求めない事はメールの返事に限らず、婚活中の色んな場面で同じかもしれませんね。

 
婚活のコツ
 

婚活でのメールのやり取りで返信が遅い時

お相手とのメッセージのやりとりにおいての返信が遅い時は、特にその先のあなたの対応が問われる場面ではないでしょうか。

あなたからの一言目は是非、連絡を貰った事への感謝を伝えるとよいかもしれませんね。

待ちに待った連絡であれば『連絡が来て嬉しい』と素直に伝えてみましょう。遅くなったお相手からのメッセージには遅くなったお詫びや理由がきっと記されているでしょう。

それに対してのあなたからの返信の一言目はお相手を責めたり非難する言葉を羅列するのはいかがなものでしょうか?

お相手もあなたを心配させた事や、自分が悪かった事は承知の上でメッセージを送られているかもしれません。

逆に返信が遅かった事にはあまり触れず、次の話題を明るくする事によって、余裕ある姿勢が強調されてお相手もあなたを信頼し、次へのステップを踏み出す可能性大ではないでしょうか。

私がいつも気をつけていた事の一つとして、お相手からの返事が遅い時は自分が返信出来ない時の事を考えてみる、という方法で状況を客観視することにしていました。

そうすると『今、この不安な状況を乗り越える事がこれからに結びつくんだ!』と自然に落ち着いて考える事が出来ました。

その先ご縁が繋がって行く為には不安な時こそ、その時間を受け入れる事が大切かもしれません。

お相手の遅くなったメッセージのあなたから一言目はお相手にとって、とても大切なメッセージとして伝わるかもしれませんね。

婚活体験者:ミエルさん