結婚相談所の婚活は、確実だけどハードルは高め・・・?
【体験者が語る】結婚相談所の婚活
婚活では、一番確実な方法ですが、それだけにいろいろとハードルが高いと感じている方もいるのではないでしょうか。

まず料金が高いところが多いですし、出会いや交際についても、細かく規約が決められているなど・・・。

マッチングサイトや婚活パーティは、気軽に参加していても、「結婚相談所」となると、「いや、まだそこまで焦ってないし・・・」「そこまでしなくても、お相手は見つかるはず」と、及び腰になってしまう人も多いのでは・・・?

でも、結局は相談所で成婚できた私ですので、「いつかは結婚を・・・!」と考える方には、ぜひ「早めに」(←ここ重要)検討していただきたいです!
 

 

結婚相談所の料金と本気度の兼ね合い

「結婚」にどれだけお金を使えますか?

ちゃんとした相談所って、かなり高額なところもありますよね。私も、「入会金20万」とか言われて、敬遠しちゃってた時期がありました・・・。

どこまでの金額なら、「自分の結婚にかけられる費用」として許容できるか、よく考えてみるのも良いと思います。

むかーし、まだ20代だったころ、相談所に何万もかけていた友人に驚いたことがあるのですが、「一生のことと思えば、安い」という友人の言葉に、ナルホドとも思いました。

その友人は見事、そこで良い方と結婚し今も幸せですよ。もちろん、生活が厳しいのに無理に削っても仕方がありませんので、お財布と相談しながらになると思いますが・・・、

相談所でも、比較的リーズナブルなところもありますので、よく探して自分に合うところを見つけるのも良いと思いますよ。

本気度が高い人に結婚相談所はオススメ!

結婚相談所は、合コンやマッチングサイトとは違い、本気で結婚前提の交際のみ!の場所です。

中には、3ヶ月以内には結婚前提で交際するかどうかを、決めなければならないなどのルールがあるところもあります。

「恋人は欲しいけど、結婚はまだ考えていないかなあ」という人や、「まずは何年かじっくりお付き合いして、結婚はそこから考えたい」という人には合わない方法ですね。

逆に、「少しでも早く!確実に!結婚したい!」というガチな方には、合っていると思います・・・!

あと、個人的には「今はそこまで焦ってはいないけど、数年内くらいには絶対結婚していたい!」というような方にも、オススメしたいですね。

理由はおいおい書きますね。

結婚相談所のメリット

一般的な結婚相談所のメリットは以下みたいなものだと思います。

  • 本気で結婚を考えている人しかいないので、時間を無駄にしない
  • 経歴や条件に嘘をつけない

(相談所によって、どこまで証明をとるか、どこまで表記するかは違いますので注意してくださいね。
たとえば私がいた相談所では、「親権を持たない子供の存在は書かなくてもよい」というものがありました。)

私のにがーい経験を書きますと、

マッチングサイトや婚活パーティで知り合った人と交際したけど、経歴に嘘をつかれていたり・・・、
交際しても結局結婚に結びつかず、数年棒に振ってしまったり・・・、

ってことがあったので、このあたりの長所は、かなり大きいと思います・・・!
 
ぶっちゃけ、婚活って、特に女性は「年齢」ってめちゃくちゃ大事なんですよ。だってまず、入り口が「年齢で検索」ですからね・・・。どんな美人も若く見えな人も、入り口でハネられちゃあ、どうしようもない。

だから、「時間を無駄にしない」ことはとっても重要なのですよ!お金で若さは買えませんからね・・・!

そして、敢えて分けましたが、結婚相談所にはもう一つ、意外な?メリットがあります。
【体験者が語る】結婚相談所の婚活

自分の本気度があがる!

個人的に、これもかなり大きなメリットだと思います!

元から本気120%だよ!!という方には必要ないことかもしれませんが・・・、

私は長く婚活してる割に、本気度は低めだった・・・かもしれません。そこが、私の婚活が無駄に長引いた一因かな?とも思います。

これについては本気になってから、はじめて自覚できたことです。それまでは自分では「本気」だと思っていました。

でも、自分が本気で結婚して、誰かと家庭を作る覚悟があったのかと思うと・・・?どこか及び腰というか・・・、いまいち積極的になれていなかったかもしれません。

独身生活もけっこう気に入ってたので、そこから動くのが怖かったんですね。

でも、相談所で活動していくと、結婚するということや、結婚後の生活などについて、どうしても真剣に考えることになります。

だって、相談所で出会って交際する以上、「結婚はまだちょっと」などは許されません。数ヶ月以内には、「結婚前提に交際するか」「別れるか」という選択を迫られるのですから。

お相手に申し込みするときや、申し込みを受けるときは、「その方との結婚生活」をかなり具体的に考えざるを得ません。

そういうことを繰り返してゆくと、どうしたって本気度は上がってゆくわけです。そこは、気軽なパーティやマッチングサイトとは、大きく違うところですね。

ここが最後の砦

また、あくまで私の場合なのですが、なかなか理想のお相手に会えなくても、心のどこかで「イザとなれば、結婚相談所に登録すればなんとかなる」と、相談所を最後の砦のように考えて、余裕ぶっていたんですよね・・・。

けっこう同じように思ってる方は多いのではないかなーと思いますが・・・、相談所に登録してしまえば、そんな余裕なことは言ってられません。

ここが最後の砦ですから!後がありません!

焦ってない方にも、相談所をオススメしたい理由は、コレです。

「まだ若いし、モテるし、そんな焦らなくてもいいや」という余裕があるうちに、先に「最後の砦」を見ておいてほしいのです!

その実態を知っているかいないかで、若い貴重な時間の使い方が変わってくるんじゃないかなーと思います!

そう言っちゃうと、「え?最後の砦、そんなにひどいの・・・?」と、思われてしまいそうですが・・・、

ええと、言いづらいのですが、「ひどい」というか・・・そもそも「真剣に結婚を考えられる相手」って、そんなに多くはいないわけですよ。

結婚相談所は確かに、非常に確実な婚活手段なのですが、別に「あなたにピッタリの素晴らしい王子様(お姫様)」を斡旋してくれる「魔法の場所」ではありません。

当たり前のことなのですが、結婚相談所に登録して、改めてその「当たり前」に直面する人は、けっこういると思います。

そこで「最後の砦でなら、なんとかなる」という甘えは消し飛び、「自分で、とにかくなんとかしないと!」という気合が入る!というのは、あると思いますね・・・!

私が登録していた相談所のリサーチでは、会員さんの結婚率はけっこう高かったのですが、その半数は相談所以外での成婚でした。

これは、「なーんだ、高い相談所なんかに登録しても、結局は他で相手を見つけてるんじゃん」ということではなく・・・

「相談所に登録して、婚活市場での自分の価値を知り、お相手候補にどういう方がいるか知った結果、普段からの婚活の本気度がグンと上がった」

・・・ということじゃないかと思います!

結婚適齢期ギリギリアウトの年齢になってから、「最後の砦」にようやくたどり着いて、「あれ・・・?最後の砦なのに、全然頼りにならない・・・」

という現実に直面してしまうと、けっこうキツイので(って、それは私だ!)、「まだそこまで焦ってないから」と切り捨てず、余裕のある若いうちに入会しておくのも、良いと思いますね。

結婚相談所で活動するコツ

写真はプロに

まず、写真はちゃんとしたプロのスタジオで撮ってもらいましょう!お金はかかりますけれど、これは必要経費と割り切ってください。

やっぱり写真はかなり大事です・・・!プロと素人では全然違います。

そして、写真が違うと、お相手の反応や申し込みも全然違います・・・!

「写真が上手すぎたら、実物でガッカリされない・・・?」という心配はあるかもしれませんが、光で全部とばすとか、顔の造形を変えるほどの加工をしない限りは、大丈夫です。

っていうか、実物を写真に合わせるくらいの気合を入れましょう!

逆に、プリクラの方が、今は自動加工がすごいので、写真詐欺になっちゃうかも・・・。プロはちゃんと「詐欺にならない程度」に良く撮ってくれますので、大丈夫ですよ。

撮ってもらった写真が気に入らなければ、他でやりなおしましょう。

間口は広く

よく言われることですが、プロフィールなどに書くお相手への希望事項は、本当に絶対必要な条件だけにしましょう。

と言っても、どうしても最初はあれもこれもと、書いてしまうのですが、活動していくと、本当に大事な条件が何か、ある程度わかっていきます。

年収にこだわっていたけど、共働きすれば大丈夫だから、家事育児の参加意識の高い人の方が良いとか・・・。
年齢を重視していたけど、お会いしていくと、あまり関係ないことに気づいたとか・・・。

「活動しながら、条件が定まってくる」ところは、不動産探しなどと、似てるといえば似てるかも・・・?そうやって、最後に残った条件だけ、記載すると良いと思います。

やっぱり間口を狭めてしまうと、良い出会いを逃してしまうんですよね。

私も活動当初は、お相手の年齢を同年代に絞っていたのですが、もしそのままにしていたら、7歳年上の、今の夫とは出会えませんでした・・・!

でも、逆に間口が広すぎて、お会いする相手が多くなりすぎても、本命に出会う前に疲れてしまいますので、そういう場合は絞っても良いと思いますよ。

「選べる立場なら、極力選んで会う」のも重要です。あくまで「選べる立場なら」ですが(笑)。

疲れないのが一番ですからね!

私が活動していた相談所は、一ヶ月間に申し込みできるお相手の人数が決まっていましたので、そういう場合も、まず絞り込んで申し込む方が効率的かもしれませんね。

疲れすぎないことが何より大事

婚活全般に言えることですが、とにかく「出会えるまで続ける」ことが、何より大事なんですね。

でも、婚活って本当に疲れます・・・。だから、続けるためには、「自分を疲れさせない」ことを、最優先してくださいね。

私なりの疲れずに続けるコツは・・・、
 

  • ある程度の絞り込みは大事!(前の項目に書いたとおり)
  • 一喜一憂しない!
  • 去る者追わず!
  • 考えても仕方ないことは考えない!
  • 今できることだけを粛々と!

こんな感じですかねえー。

婚活では出会いと別れを繰り返すので、一喜一憂していたら神経がもたないです・・・。なるべくフラットな精神状態を保つと良いと思います!

「去る者追わず」も、そのコツの一つ。

良いと思ってた方にお断りされたり、交際したのに別れたりすると、つらいですよね。追い縋りたくなったり、どうしてダメだったのかグルグル考えちゃったり・・・。

でも、追いかけても考えても、意味がない場合がほとんどです。他人の気持ちなんて、考えてわかるわけがないのだから、振り切って次に進むしかありません!

その方とはご縁がなかった、それだけなんです。悲しいけど、それが事実で現実です。

出会いと別れを繰り返して、たどり着くまで続ける

ある程度落ち込んじゃうのは仕方がないですが、いつまでもマイナスのところにいたら、次のご縁を逃してしまいます。

「泣いて過ごしても一生、笑って過ごしても一生」と言いますよね。

落ち込んでいても楽しんでいても、同じように時間は過ぎるのですから、同じならばせめて笑っていきましょう!

笑顔でいないと、良いご縁はつかめません!

私もいろんな婚活を試して、結局、相談所で今の夫に出会えました。そこまでには、時間もお金も、相当にかかっています・・・。

年齢だけどんどん上がっていって、「もうダメなのかな」と思ってしまったこともありましたが、なんとか今幸せな結婚生活をおくっています。

友人にも婚活をしていた人は何人かいます。

やっぱり出会いと別れを繰り返して、辛い思いをした友人もいます。それでも、なんとか全員が、たった一人の人にたどり着いています。

「たどり着くまで続ける」結局は、それしかないんですよね。お相手に出会える日まで、なるべく楽しんで続けてくださいね!

 
TOPページに戻る>>30代女性の婚活【結婚相談所編】