自然には絶対出会えない」と婚活を決意!

  京都府 J.K様

私が婚活らしきものを始めたのは、26~7歳のときでした。ちなみに女性です。恥ずかしながら、学生時代にちょっとだけお付き合いした経験がある以外は、彼氏ナシ…。

学生時代から地味ーなタイプだった私は、男性に積極的になれるわけもなく、かといって何もせずともモテるわけもなく…。

25歳までは仕事が毎晩深夜になるなど忙しく、とても彼氏どころではありませんでした。って、同じ仕事でも彼氏いる子はいたので、言い訳ですけれどね。

転職して人並みの時間に帰れるようになり、ようやく彼氏が欲しいなーと考えるようになりました。しかし、非モテで出不精。友人も少なく、趣味はすべてインドア・1人でやるものばかり。

そんな私が、自然に結婚できるわけがない!と自覚していました。ですので、当然のように婚活を始めました。
 

いろんな婚活方法をさまよう

いろいろ試しました!

まずは気軽なマッチングサイトから始めて、メールだけは大量に来たものの、そのころは自分の好みもよくわかっておらず、好みに合わない人とデートを重ねて疲労困憊…。

29~32歳くらいまで、原因不明の体調不良に悩まされており、会社に行くだけで精一杯だったので、婚活も一度お休みしました。とはいえ、友人にも頼んで、出会いの機会は絶やさないようにしていました。

33歳くらいで体調が落ち着いてきたので、今度はやや安価な、結婚相談所に登録しました。しかし、会える人が少なく、会員数自体もあまりおらず、選択肢がないという印象でした。

担当アドバイザーさんもいらっしゃいましたが、何も言っていただけず、本当にただ事務的な調整をするだけの方でした。最後の方はアドバイザーさんにお会いする機会すらほとんどありませんでした…。

そのころ、相談所以外の婚活パーティなどにも出て、そこで出会った男性と一年ほどお付き合いをしましたが、結婚には至りませんでした。
そのとき、もう34歳でした…!

相談所は、その男性と交際を始めたときに退会していました。その後は、相談所にいい印象がなかったので、ふたたびマッチングサイトや婚活パーティなどに出て、お相手を探すことにしました。

そこで出会った方と半年ほどお付き合いをしたのですが、その方とも結婚には至りませんでした…!このときはさすがに落ち込みましたね…。

結局、婚活としては気軽なマッチングサイトだと、結婚の意志がない男性や、意志が曖昧な男性も多く登録しています。

出会いが多く、気軽に交際にいたる反面、結婚に至る確率は落ちます。もちろん結婚に至る方は至るのでしょうが、時間がない人にはオススメできないですね。

「結婚できない人と交際してしまうリスク」には、本当にご注意を…!

時間ロスと、精神的ダメージが大きいです!
 
色々な婚活体験談

やっぱり最後は結婚相談所

しかし、その男性と別れたとき、私はすでに36歳でした。さすがに、もう確実な方法を選ばないとまずいということで、大手の婚活サイトに登録しました。

そこを選んだ理由は、とにかく会員数が多いことと、ネットだけで活動ができることでした。

私は今までの活動で、ストライクゾーンが狭いことが判明していたので、とにかく数会わないといけないと覚悟していました。
出不精ですので、ネット経由にて家で活動できることも重要でした。

アドバイザーさんも、ズケズケタイプのオバちゃんで、私にはこれくらいはっきり言ってくれる方の方が良いと思い、ここを選びました。

はっきり言いますが、女性30代後半からの婚活は、割りと地獄です!30代前半までの女性は、意外とモテるのです。特に都市部では「モテゾーン」と言っても良いくらい。

でも、後半からは目に見えて、ガタっと落ちます!もう、びっくりしちゃうくらい。おそらく、「35歳以下」で検索する方がかなり多いのだと思います。

だから見た目若くても、美人でも、関係なし!本当に年齢です。
 
色々な婚活体験談
 
出産適齢期を考えれば無理もないことですけどね。子供が欲しい男性からは敬遠されることになります。

ただ、「子供が絶対欲しい」という男性は、むしろこちらが遠慮をしたくなります。

この年齢になると、「絶対」には応えられない可能性がありますから…。(本当は年齢関係なく、「絶対」は難しいんですけれどね)

「35歳の壁」はかなり大きいと思ってください!

「子供を産めるか」という人生に大きく係る部分になってきますので、「30歳の壁」よりずっと深刻です。

ただ、それでも、「全然ダメ」ということはありません。年下男性からの申し込みもけっこうありましたし、お会いしてくださる方も多かったです。

ようやく結婚!

そこで獣道のような婚活を続け、38歳の夏にようやく夫となる人に出会いました。

「結婚する人に会ったときは、最初からなんとなくわかる」なんて言いますが、私はまったくそういうのはありませんでした。
初対面での印象は「可もなく不可もなく」。

6歳年上と、私の希望年齢より高齢でしたが、他の条件は良かったのでお会いしました。

最初のデートは、カフェで一時間ほどお話してお別れ。そこから連絡もなく、ご縁がなかったのだと思っておりました。

ところが数週間たって再びデートのお誘いが。そのデートの雰囲気がとてもよく、そこからトントン拍子に進んだのです。

とはいえ、私には二回の苦い経験がありますので、割りと強めに「この年齢なので、いつまでもは待てない。早く結論を出してほしい」というようなことは、早い段階で遠まわしに伝えました。

そしてその年末にプロポーズを受け、2月に入籍。出会って半年くらいのスピード婚となりました。結果的に10年以上続いた私の婚活は、ようやく終わったのでした。
 
色々な婚活体験談

現在の結婚生活

今は、結婚してちょうど三年目にあたります。とても幸せです!

夫の仕事の都合で、私は仕事を辞めることになってしまったのは計算外でしたが、夫の収入だけでも贅沢をしない限りは困りません。

また、不妊治療をしているのもあって、専業主婦をさせてもらっています。たまに在宅で仕事を請け負ってはいますが。

夫は優しく、ほぼ専業主婦なのに自分から家事を手伝ってくれることも多いです。私なんかにはもったいない人です。

ただ、子供だけは苦労しています。上記のとおり不妊治療中です。

これは、高齢であるのと同時に、私の体質的な問題があります。婚活中の検査で判明していたので、夫にも結婚前には、不妊治療が必要になることは告げました。

それでもいいと言ってくれたので結婚に至りました。

不妊治療を開始して、改めて実感しましたが、本当に妻の若さが重要です。男性が35歳以下にこだわるのは無理がないことだと思います。

もっと早く結婚できていれば…という思いはありますが、婚活歴を思い返しても、夫以上の人はいませんでしたし、今の夫と結婚できて本当に幸せなので、これでよかったのだろうなと思っています。

私が婚活していたのは、子供がほしいという気持ちがかなり大きかったからなのですが、「子供ができなくても、この人と二人ならいい」と思える相手に出会えたのは、自分でも少しびっくりです。

夫も「私だけいてくれたら、それでいい」と言ってくれているのが、ありがたいです。

婚活を考えている方に

婚活は本当に精神的につらいことが多いので、諦めたくなる人も多いと思いますが、やっぱり諦めてしまうとそこまで、というのはあると思います。

女性が一番モテる20代では彼氏にすら出会えなかったのに、40手前で夫になる人に出会えたのは、タイミングもあれば、私の感覚の変遷もあると思います。

どこかで何かが噛み合えば、ご縁は必ず訪れます。心をすり減らさないように、淡々と、諦めずに続けてほしいなと思います。
 
色々な婚活体験談

 icon-check-square-o その他の婚活体験談